チャン・グンソク、16日に入所・・・躁うつ病で4級の兵役判定、"社会服務要員として服務"

양정미 기자

登録 : 2018-07-06 16:44 | 修正 : 2018-07-06 16:44

[写真=亜洲経済 ユ・デギル記者  dbeorlf123@ajunews.com]


韓流スターチャン・グンソク(30)が今月16日に入隊し、社会服務要員として服務する。

所属事務所Tree Jカンパニーは「チャン・グンソクが『双極性障害』(躁うつ病)の事由で4級の兵役判定を受けた」とし、「16日に入所して社会服務要員として2年間、代替服務する予定だ」と6日明らかにした。

Tree Jカンパニーは「チャン・グンソクは2011年、大学病院で初めて双極性障害の診断を受け、以後、施行されたすべての再身体検査で再検査の対象判定を受けた」と説明した。さらに、「この過程で俳優側の入隊延期要請はなく、兵務庁の再検要求を誠実に履行した。そして最近4級の社会服務要員召集対象であると最終的に兵役処分を受けた」と付け加えた。

続いて、「身体等級の理由は個人情報であり、俳優の健康状態を明かすこと事体が慎重な部分であるが、チャン・グンソクはファンの関心で成長し、愛で存在するということをよくわかっており、大衆に明確に公開する責任があると判断した」と、「チャン・グンソクは『双極性障害』を克服するために最善を尽くしており、その過程で後遺症を経験しながらも本人自ら均衡を探そうと努力したが、満足する結果が得ることができなかった」と伝えた。
 
top