ムン・ソリ & パク・ヒョンシク、映画「陪審員たち」にキャスティング

양정미 기자

登録 : 2018-07-09 10:54 | 修正 : 2018-07-09 10:54

[写真=亜洲経済 / 聯合ニュース]


女優ムン・ソリ(44)と俳優パク・ヒョンシク(26)が映画「陪審員たち」にキャスティングされたと配給会社CGVアートハウスが9日明らかにした。

「陪審員たち」は2008年、韓国に初めて導入された国民参加裁判の実際の事件を再構成した作品だ。初の国民参加裁判に偶然陪審員になった普通の人たちが、彼らだけの方式で少しずつ事件の真実を見つけていくストーリーを描く。

ムン・ソリは国民参加裁判を率いる大胆な裁判長キム・ジュンギョムの役を、パク・ヒョンシクは事業の成敗がかかった日、思いもよらない最後の陪審員に選ばれて裁判に参加することになったクォン・ナムウ役を務める。特に、パク・ヒョンシクはKBSドラマ「SUITS」や JTBCドラマ「力の強い女ト・ボンスン」などで演技力を認められ、初のスクリーンに初挑戦する。

一方、映画「陪審員たち」はホン・スンワン監督のデビュー作として、今月7日にクランクインして本格的な撮影に突入した。
top