次第に拡大されるシングル族のキッチン家電市場・・・emart「シングル族キッチン家電」発売

양정미 기자

登録 : 2018-07-11 11:03 | 修正 : 2018-07-11 11:13

[写真=イーマート]


イーマート(emart)が一人でご飯を食べたり酒を飲む「ホンジョク(シングル族)」を狙ったキッチン家電を披露する。

イーマートは今月12日から全国イーマートの家電売り場とエレクトロマートで「エレクトロマン・ホンジョクキッチン家電」7種を販売すると11日明らかにした。

「ホンジョクキッチン家電」は、サンドイッチメーカーやトースター、ラーメンポットなど、一人で食事を解決しやすい家電から、マルチグリル、オーブントースターなど、きちんとした食卓を整えるのに必要な家電まで様々だ。

今回披露する製品は1人で料理する1人世帯に適した性能を備えた同時に、簡潔なデザインと空間活用度を高めたという点が特徴だ。

特に、「コーヒーとトーストを同時にモーニングメーカー」は、コーヒーとトーストが同時に作れる機器で場所をとらないのというのもメリットだ。また、これらの製品の価格帯も1万9千800~3万9千800ウォンで比較的合理的な方だ。

イーマートの固有キャラクターである「エレクトロマン」を活用した商品は、昨年上半期26種から今年上半期には35種まで増え、今年上半期のエレクトロマン商品の売上は、昨年同期より328.9%伸びた。

イーマート側は「ホンバプ(一人で食べるご飯)」「ホンスル(ひとり酒)」など、最近シングル族のための専用レストランやバーが増えているだけに、関連市場の潜在力が大きいと判断して「ホンジョクキッチン家電」を発売することになったと説明した。
 
top