Gmarket、「子供服3着購入するとき、親は1着買い入れ」

양정미 기자

登録 : 2018-07-11 13:32 | 修正 : 2018-07-11 14:23

[写真=Gマーケット提供]


高校生以下の子供を持つ親の大多数が、子供の服を自分たちの服より多く購入することが分かった。

オンラインショッピングサイトGマーケット(Gmarket) が先月18~24日、高校生以下の子どもがいる顧客509人を対象にアンケート調査を実施した結果、全体回答者のうち73%が子供の服を本人や配偶者の服よりに多く買い入れていると回答したと11日明らかにした。

本人の服を多く購入すると答えた割合は23%、配偶者の服を最も多く購入すると答えた人は4%に止まった。

1ヵ月基準の平均的な衣類購入は、子供服が3着(2.5着)、本人(1.4着)と配偶者(1.4着)の服は1着であった。

子供服を購入するときに最も考慮する優先順位は、実用性(33%)、素材(26%)、デザイン(23%)、価格(14%)の順だった。また、本人用を買い入れるときの優先順位はデザイン(34%)、価格(26%)の順で、価格的な要因がさらに大きな比重を占めた。

服を主に購買する方法はオンラインモールが最も多く、百貨店、大型マートなどの順になった。

Gマーケットの関係者は「ほとんどの親は社会生活が旺盛な自分より、子供用の服に多く投資していた」とし、「低い出産率で一人っ子の家庭が増え、自然に親の関心が子供に集中されて現れた現象と見られる」と分析した。
top