サムスン電子、5年連続で最も革新的な技術ブランド「トップ5」選定

박수정 기자

登録 : 2018-08-09 17:15 | 修正 : 2018-08-09 17:15

[サムスン電子、5年連続で最も革新的な技術ブランド「トップ5」選定]



サムスン電子が世界主要企業の中で最も革新的な技術ブランドのリスト「トップ5」に5年連続で選ばれた。

9日、業界によると、米ニューヨークに本社を置くIT(情報技術)専門市場調査会社「Brand Keys」最近発表した「2018年 最も革新的な技術ブランド(2018 Most Innovative Tech Brands)」で、サムスン電子は5位に上がった。

昨年(2位)よりは3ランク落ちたが、2014年以降、5年連続で5位内に含まれながら、首位を維持した。 最近、5年間トップ5に一度でも含まれた企業は米国のアマゾン、アップル、グーグル、ネットフリックス、フェイスブック、HBO、マイクロソフト(MS)とサムスン電子など8社に過ぎない。

特に米国に本社を置いていない企業ではサムスン電子が唯一だった。 サムスン電子は2014年2位に続き、2015年3位、2016年5位、2017年2位にそれぞれ上がった。

今年の1位は昨年に続き、アマゾンだ。 アップルが2ランク上がった2位、グーグルは2年連続3位、ネットフリックスは昨年より一階段上昇し、当該調査が始まった以後、初めてサムスン電子を追い越した。

インスタグラムが8位に上がり、初めて20位内に進入した一方、個人情報流出波紋が広がっていたフェイスブックは順位から外れた。

今回の調査は米国内の消費者4千628人を対象に「技術革新」が最も優れた企業を挙げるようにする方式で行われた。
top