ジンエアーの上半期の売上5000億ウォン 初突破…営業益はLCC最高

박수정 기자

登録 : 2018-08-10 18:16 | 修正 : 2018-08-10 18:16

[ジンエアーの上半期の売上5000億ウォン 初突破…営業益はLCC最高]



ジンエアーが今年上半期5063億ウォンの売上を上げ、594億ウォンの営業利益を収めたと10日、明らかにした。

売上は上半期で初めて5000億を超えており、営業利益は済州(チェジュ)航空を超えて格安航空会社のうち、もっとも高い営業利益率を記録した。

ジンエアーの関係者は"効率的な機載運営を通じて収益性を極大化し、東南アジアや日本など人気路線に大型機の投入及び増便で、供給を増大したのが功を奏した"、"長距離路線の単独の就航を通じた需要創出や収益改善と地方都市発の人気路線の運航で、地域の需要を拡大したことも影響を及ぼした"と話した。

ジンエアーの上半期の業績は1四半期の実績が功を奏した。 航空業界の非需要期の2四半期の業績だけを見ると、前年対比減少傾向を見せた。 2四半期の売上高は2265億ウォンで、前年同期比18%増えたが、営業利益は62億ウォンで、50%も減少した。

ジンエアーの関係者は"2四半期の対外環境の影響で収益性が下落した"、"油類費の上昇によって原価が上がり、昨年5月のゴールデンウィークの基底効果で、前年同期比下落幅が相対的に大きかった"と説明した。

2四半期の当期純利益は10億ウォンに過ぎなかった。 6月の欠陥航空機の運航で、60億ウォンの課徴金が賦課された影響だ。
top