イ・ドンゴル産銀会長、「韓国GMの一方的な国内法人の新設、阻止する」

이경 기자

登録 : 2018-09-12 00:33 | 修正 : 2018-09-12 00:33

[イ・ドンゴル産銀会長、錦湖タイヤ合意案を発表(写真=聯合ニュース)]


イ・ドンゴルKDB産業銀行会長は11日、GMが一方的に研究・開発(R&D)新設法人を設立できないように、裁判所に仮処分申込書(株主総会の開催を禁止仮処分申請)を提出したと明らかにした。

イ会長はこの日、ソウル永登浦区の産業銀行本店で就任1周年の記者懇談会を開き、「GMが明らかにした新設法人の正体が何なのか、意図が何なのかGM側に要請したが、まだ具体的な回答を受けられなかった」と説明した。

イ会長は「産業銀行はGM新設法人の意図と目的が把握された後、賛成か反対を決める」とし「しかし、契約事項になかった新設法人をGMが一方的に設立しようとするのを禁止する必要がある」と強調した。

韓国GMのR&D新設法人は、5月にGM側が政府と産銀に約束したアジア太平洋地域本社とは別のものである。この案は、韓国GMを、R&D部門と生産部門に分けようという意図と解釈される。一部では、GMが今後のリストラの準備作業を進めているという観測も出ている。

南北経済協力事業と関連しては、産銀が適切な役割を担うと強調した。イ会長は「南北経済協力で、輸出入銀行など特定の一つの金融機関が市場を独占するは正しくない」とし「南北経済協力は、潜在力も大きく危険性も大きいので、一つの機関が主導的に行うレベルではない」と述べた。

また、「先週、ロシアのウラジオストクを経て、中国山東地域を回った。感慨が新しかった」とし「産銀は南北経済協力事業において、他の機関と一緒にリスクを分散し、できる役割について政府と協議している」と述べた。


イ会長は、残りの2年間の任期中の主な課題として造船・海運などの伝統的な製造業の成功的リストラと新たな技術革新企業に対する支援を提示した。

イ会長は、「国内企業は、もはやファーストフォロワー戦略が通じない限界に達し、伝統製造業の軟着陸、また革新企業の誕生など好循環構造を作り出さなければならない」とし「産銀は、この過程で、企業と協力していく」と述べた。
top