クォン・サンウ、アクション映画「鬼手」主演

양정미 기자

登録 : 2018-09-13 20:35 | 修正 : 2018-09-13 20:35

[写真=亜洲経済 ユ・デキル記者 dbeorlf123@ajunews.com]


俳優クォン・サンウ(42)が囲碁を素材にした犯罪娯楽アクション映画「鬼手」(仮題)の主演に抜擢されたとCJエンターテインメントが12日明らかにした。

「鬼手」(監督 リ・ゴン)は2014年に公開された映画「神の一手」のスピンオフ作品だ。チョン・ウソン主演の「神の一手」は映画の封切り当時、356万人を動員した。

映画「鬼手」は「神の一手」の脚本家から主要制作陣が再び団結した作品で、前作のオリジナリティーは生かし、拡張したストーリーとアップグレードしたアクションを披露する予定だ。

クォン・サンウは賭け囲碁で全てを失った男「クィス(鬼手)」を演じ、スタントマンなしで全てのアクションをこなす。

制作陣は 「囲碁を素材にした娯楽アクション映画シリーズは、韓国だけでなく世界中で初めてだ」と、「これまで見たことのない新しいアクション映画を作りたい」と伝えた。

復讐の男に変身するクォン・サンウの演技が期待される映画「鬼手」は、今月15日から本格的な撮影に入り、来年上半期に公開される。

 
top