[9.13住宅市場安定対策]総不税3.2%で上げ、賃貸事業者LTV40%に下げ...多住宅保有者を圧迫

이경 기자

登録 : 2018-09-14 16:11 | 修正 : 2018-09-14 16:11

[キム・ドンヨン副首相兼企画財政部長官。[写真=企画財政部提供]]


政府が住宅市場を安定化させるために総合不動産税率を最高3.2%まで上げるなどの高強度の住宅市場安定対策を発表した。特に住宅ローンの賃貸事業者の住宅ローンの割合(LTV)を現行の80%から40%まで下げ、賃貸登録のメリットを減らすなど多住宅者の高強度全方位圧迫に入った。

13日、企画財政部と国土交通省、金融委員会は、政府ソウル庁舎で、このような内容を骨子とした「住宅市場安定策」を発表した。

まず、政府は投機需要遮断のために総合不動産税率を当初の政府案(最高税率2.5%)より0.2〜0.7%ポイントの追加の引き上げを決めた。

特に3住宅以上の所有者の場合と調整対象地域に2住宅以上保有者に総合不動産税を最高3.2%まで重課する。

譲渡所得税免除の要件も強化される。現在の調整対象地域の多住宅者が、8年の長期賃貸登録住宅を譲渡する場合、譲渡税重課は除外されたが、今後は1住宅以上が調整対象地域に新たに取得した住宅は、賃貸登録時にも譲渡税が重課される。

また、調整対象地域での一時的2住宅者の譲渡免除要件も現行の3年以内から2年以内に処分強化されると見られる。

全体的な融資規制も大幅に強化される。まず、2住宅以上保有世帯は、規制地域の住宅の新規に購入する時、住宅ローンが禁止される。また、規制地域の高価住宅(公示価格9億ウォン超過)購入時には、実居住目的の場合を除いて、住宅担保融資が禁止される。

住宅賃貸事業者の融資規制も強化される。政府は、投機地域と投機過熱地区の住宅を担保とする賃貸事業者ローンの住宅ローンの割合(LTV)を40%まで下げる。

キム・ドンヨン副首相兼企画財政部長官は、「今回の対策は、「投機需要根絶」、「カスタム対策」、「実需要者の保護」という3つの原則で建てられた」とし「庶民住宅と住宅市場の安定に全力を尽し、市場が安定しない場合、速やかに追加の措置を取っていく」と強調した。
top