KAI"APTの脱落理由はボーイングの低価入札による価格差"

박수정 기자

登録 : 2018-09-28 14:21 | 修正 : 2018-09-28 14:21

[KAI"APTの脱落理由はボーイングの低価入札による価格差"]



韓国航空宇宙(KAI)が米国空軍の高等訓練機(APT)の交代事業で苦杯をまねたことと関連し、"ボーイング社の低価入札による顕著な価格差で脱落した"と28日、明らかにした。

米空軍は27日(現地時間)、APTの交替事業者にボーイングとサーブ・コンソーシアムを選定した。 当初の事業予定価は163億ドルだったが、ボーイングは92億ドル(約10兆ウォン)に供給契約を締結した。

KAIは米ロッキード・マーティン社とコンソーシアムを立ち上げ、今回の入札に参加したが、苦杯をなめた。 KAIの関係者は"戦略的な価格で入札に参加したが、最低価落札者選定方式によって、ボーイングが選定された"と説明した。

APTの交代事業は米国空軍の老朽化した訓練機のT-38 351台を交代する事業だ。
top