LG電子、AIプラットフォーム「ディープシンキュー2.0」配布…生態系の強化

박수정 기자

登録 : 2018-10-07 16:00 | 修正 : 2018-10-07 16:00

[LG電子、AIプラットフォーム「ディープシンキュー2.0」配布…生態系の強化]



LG電子が独自開発した人工知能(AI)プラットフォームであるディープシンキューの2番目の公式バージョンを最近、社内のwjs組織に配布したと7日、明らかにした。

昨年12月、ディープシンキュー1.0を社内に配布してから11ヵ月ぶりに新しいバージョンを公開したのだ。

LG電子のディープシンキューはAI技術の適用と拡大に向け、多様な機能を統合して提供する開発プラットフォームである。

ディープシンキュー2.0はリナックス(Linux)のほかにアンドロイド(Android)、ウェブOS(WebOS)などの多様な運営体制を支援する。

LG電子の開発者たちは各運営体制に適合したソフトウェア開発キットを使用することで、もっと多様な製品に速くて便利にAI技術を適用することができる。

運転者状態の感知、睡眠状態の測定、生体複合認証などの機能も追加した。

ディープシンキュー2.0の様々な機能を検証するプロセスを精巧化して事前に間違いを防止して機能安定性も向上させたと会社の関係者は伝えた。
top