韓国GM労組、法人分離に反発してスト推進

박수정 기자

登録 : 2018-10-11 17:20 | 修正 : 2018-10-11 17:20

[韓国GM労組、法人分離に反発してスト推進]



韓国GMの労働組合が会社側の法人分離の推進に反発してストを推進する。

10日、韓国GM労組によると、労組は12日、中央労働委員会(中労委)に争議調整申請を出す予定だ。 労組は15-16日には争議行為の賛否投票を行う方針だ。

賛否投票で賛成が可決され、中労委で調整中止の決定を下せば、労組はストなど争議権を確保することになる。

労組は韓国GMの取締役会で「研究·開発(R&D)法人の分離」を決定したことに反発し、争議行為を推進する。 韓国GMは7月から富平(ブピョン)にある研究開発本部とデザインセンターとをまとめて分離し、別途法人を設立する計画を進めている。

4日には理事会を開いて研究開発法人の設立案を可決し、19日に株主総会を開いて案件を最終的に通過させる予定だ。 韓国GMの2大株主のKDB産業銀行は取締役会で反対意見を明らかにしたが、通過された。 韓国GMの理事会はGM側7人、産業銀行側3人だ。 産銀は株主総会が開かれるのを防ぐため、仁川地方裁判所に仮処分申請を出した状態だ。

労組は法人分離の決定は今後、構造調整を実施するための手順とし、韓国GMの研究開発、生産、販売、整備部品部門などを現在の単一法人に維持することを要求している。
top