12人組み日韓ガールズグループ「IZ*ONE」、29日に正式デビュー・・・1stアルバム「Colorize」公開

양정미 기자

登録 : 2018-10-30 09:54 | 修正 : 2018-10-30 10:16

[写真=Off The Record 提供]


ガールズグループIZ*ONE(アイズワン)が29日、正式デビューした。

この日IZ*ONEは、ソウルオリンピック公園のオリンピックホールで、初のアルバム「Colorize」をリリースし、2021年4月まで活動を続けて行くことを公表した。

12人組のIZ*ONEは、Mnetの人気オーディション番組「PRODUCE 48(プロデュース48)」で結成された日韓ガールグループだ。PRODUCE 48を通じて結成されたI.O.I(アイオアイ)とWanna One(ワーナーワン)に続く3番目のグループである。

特に、今回は日本ガールズグループAKB48を企画したプロデューサー秋本康氏と手を組んで制作し、3人の日本人メンバー宮脇咲良(HKT48)、矢吹奈子(HKT48)、本田仁美(AKB48)が含まれている。日本人メンバーたちはAKB48活動を中止し、9人の韓国人メンバー、チャン·ウォンヨン、チョ·ユリ、チェ·イェナ、アン·ユジン、クォン·ウンビ、カン·へウォン、キム・チェウォン、キム・ミンジュ、イ・チェヨンと一緒に合宿生活をしながらIZ*ONEの活動に専念してきた。

一方、IZ*ONEの人気を実感させるだけに議論も続いている。

今月27日、「日本の右翼グループIZ*ONEの公営テレビ放送への出演を禁止してください」という文章が青瓦台(大統領府)国民請願の掲示板に掲載された。請願者は「KBSは放送法に依拠した国家機関放送であり、一般国民らの受信料を徴収している放送局である」とした上で、「公営放送であるKBS、MBC、EBSにはIZ*ONEが出演すべきではなく、出演しないようにしてほしい」と主張している。AKB48を育てた秋本康氏が右翼的だという理由だ。しかし、彼女たちを政治的に利用しないでほしいという反発の声も少なくない。

ファンの愛と応援や懸念を同時に受けている日韓ガールズグループIZ*ONEの歩みや活躍に、多くの人が注目している。
top