現代建設機械、3Qの売上高の成長にも営業利益15%↓

박수정 기자

登録 : 2018-10-31 16:27 | 修正 : 2018-10-31 16:27

[現代建設機械、3Qの売上高の成長にも営業利益15%↓]



現代建設機械が3四半期連結基準の前年同期比15.84%増加した7104億ウォンの売り上げを出したが、営業利益は15.75%減少した372億ウォンと集計されたと30日、暫定公示した。

現代建設機械は3四半期の建設機器、産業車両、部品などの3つの事業部門で成長を維持した。インドや中国などの海外法人の売上高も増加した。

ただし直接輸出と国内市場での貿易戦争と国内のSOC予算の削減により、売上高が減少し、為替変動の拡大、材料費の増加などの影響で、営業利益は前年同期比15.8%減少した。

現代建設機械はインドや中国、ヨーロッパ、北米などの海外市場が持続的に成長するものと見ている。また、国内で初めて開発した電気ミニ掘削機を2021年に北米市場に発売し、ヨーロッパなどの先進市場を攻略していく方針である。
top