カカオ、3四半期の売上高5993億ウォン...四半期最大の実績

박수정 기자

登録 : 2018-11-08 16:51 | 修正 : 2018-11-08 16:51

[カカオ、3四半期の売上高5993億ウォン...四半期最大の実績]



カカオはK-IFRS(韓国採択国際会計基準)の今年3四半期の連結売上高は5993億ウォン、営業利益は307億ウォンを記録したと8日、公示した。

3四半期の連結売上高は前年同期比16%増加した。これは過去最大の四半期の売上高である。営業利益は前年同期比35%減少した。営業利益率も前年同期比4.1%ポイント減少した5.1%を記録した。

部門別にみると、広告プラットフォームの売上高が1671億ウォンを記録した。伝統的な広告オフシーズンの影響にもかかわらず、プラス友人、通知トークなどカカオトークのメッセージベースの広告売上高の成長で、前年同期比10%増加した。

コンテンツプラットフォームの売上高は前期比1%増、前年同期比17%増の3067億ウォンだ。ゲームコンテンツの売上高はモバイル新作ゲームの発売の遅れと「黒い砂漠」海外オフ沈んの影響などで、前期比11%下落した。しかし、今年4月から始まったバトルグラウンドの売上の影響で、前年同期比6%増の994億ウォンと集計された。

ミュージックコンテンツの売上高はメロンの有料加入者が前期比15万人増加するにつれ、前年同期比11%増の1360億ウォンを記録した。

その他の有料コンテンツの売上高は前年同期比57%増の713億ウォンだ。今年行われたカカオページとピッコマの様々なマーケティング活動で、カカオページの取引額が前年同期比51%、ピッコマが165%増え、売上高が大きく成長したとカカオは説明した。

カカオは年末までに合併、分社などを終了し、売上成長を続けていくことができる基盤を用意する方針だ。カカオは9月、メロンを運営するカカオMと合併した。11月1日、音楽と映像事業部門を別の法人に分社させた。12月にはコマース事業部門を分社し、カカオコマースを設立する。
top