[防弾少年団スペシャル] BTSメンバー別の魅力探究!④顔の天才V・・・感性少年&ヨンタニパパ

양정미 기자

登録 : 2018-12-03 09:37 | 修正 : 2018-12-03 09:41

[写真=亜洲経済 ユ・デギル記者 dbeorlf123@ajunews.com]

2013年にデビューした7人組男性グループ「防弾少年団(BTS)」は、最近国内はもちろん世界でもっともホットなグループだ。全米アルバムチャート「ビルボード200」に26位で進入し、大韓民国の歌手の中で最高記録を立てた彼らは、ビルボード200に3つのアルバムを連続に進入させ、2週連続でチャートを維持した。また、韓国歌手としては初めて全英オフィシャルアルバムチャートに進入するなど異例の記録を立てた。

デビュー後、世界各国で約500万枚以上のアルバムを販売し、2016年3月には 米経済誌フォーブス(Forbes)が発表した「過去30日間最も多くリツイートされたアーティスト」の順位で1位を獲得した。また、アメリカ週刊誌ピープルは防弾少年団について「世界で最も人気があるボーイズグループ(World's Hottest Boy Band)」と紹介し、タイム誌には韓国人として唯一「今年のインターネット上で最も影響力のある25人」に防弾少年団が選ばれた。ニューヨークタイムズは「アメリカ人が最も愛するアーティスト」の44位にアジア歌手の中で唯一「防弾少年何」が名を挙げた。このように防弾少年団が進む道は、彼らが自身が「記録」となっている。

ここで亜洲経済が防弾少年団のメンバー別魅力探究!をスペシャルシリーズとしてお届けする。4番目のメンバーは、Famous Star 101が選出する「世界で最もハンサムな男」に選ばれたV(キム・テヒョン)だ。
 

[写真=亜洲経済 ユ・デギル記者 dbeorlf123@ajunews.com]

◆ 美貌もダンスも性格まで全てを揃えた感性少年V
サブボーカルのV(ブイ)は彫刻のような外見でチーム内で「顔の天才」と呼ばれている。小学生のときから歌手の夢を育ててきた彼は、歌手になるためには楽器を扱うことが大事だと思いサクソホンを学び、踊りも欠かせないと思ってダンススクールに通った。以後、偶然な機会で友たちと一緒にBig Hitエンターテインメントの非公開オーディションに支援し合格した。練習生として抜擢された彼は、故郷の慶尚南道(キョンサンナムド)居昌郡(コチャングン)からソウルに上京し、練習生期間を経て防弾少年団のメンバーとしてデビューした。

彼はハンサムで完璧な美貌で連日話題を集めているが、2017年12月、米映画サイトTCキャンドラ(TC Candler)が公式SNSとユーチューブを通じて発表した「2017世界で最もハンサムな顔100人(The 100 Most Handsome Faces of 2017)」で1位を占め、2018年にも世界で最もハンサムな顔1位に選ばれるなど、完璧な美貌であることを2年連続立証した。Vは全世界が認める「顔の天才」と呼ばれる。

活発で茶目っ気たっぷりのVは、防弾青年段を愉快でさわやかにする張本人だ。音楽の中でもヒップホップが大好きだというVは、自分の趣味をカメラであちこちをまわりながら写真を撮ることだと話す。以外にアナログ感性が好きな彼は、特にフィルムカメラが大好きだという。そんな彼は、絵画鑑賞を楽しむ多彩多能で芸術を愛する22歳の青年だ。

2017年米国ツアーの時、ニューヨーク現代美術館とシカゴ美術館でゴッホの作品を鑑賞し、公式ツイッターにゴッホに対する愛情を示したりもしたVは、最近、無名画家の作品を購入して大きな話題になった。Vはニューヨークで雨を避けるために偶然入ったギャラリーで、65歳の無名画家の絵画2点を購入した。Vに絵を売った65歳の無名画家マーク・ドミナス(Marc Dominus)氏は、Vとの出会いについて「芸術に対する彼の態度が非常に真面目な姿勢で印象的だった」と伝え、絵を購入した後、自分の手をしっかり握って「あなたの1日が、輝いたものになりますように(May your day shine bright)」と励ましの言葉を添え、帰ったという。Vのこのような行動はファンに深い感動を残した。
 

[写真=Vのソロ曲「Singularity」]

◆ 暖かい心に豊かな芸術的感性まで、"足りないものはなに?"
彼のソロ曲「Singularity」も話題を呼んでいる。この曲はR&Bジャンルの静かなバラード曲でRMが作詞を担当した曲だ。V特有の感性が豊かな中低音のボーカルが魅力的である「Singularity」は、イギリスのBBCラジオでK-POPアイドルのソロ曲としては初放送され注目を集めた。保守的な特性を持つBBCラジオで、韓国の歌謡が電波に乗ったのは今回が3度目で、防弾少年団のVのソロ曲が放送されたのは非常に異例のことであると評価されている。

「Singularity」は英紙ガーディアンで今年6月、「今月の最高のトラック50」に選ばれた。 また、米ロサンゼルス・タイムズ紙は防弾少年団の公演レビューでVソロステージを褒め称えた。以後、米メディアRolling Stone(ロリングストーン)もこの曲を「90年代を牛耳っていたR&B歌手テビン・キャンベルを連想させる」と評した。他にもMTV、The Hamilton Spectatorなど様々な海外メディアが防弾少年団の「K-POPインベイジョン」にと伝え関する驚きを伝えるとともに、Vのソロ曲「Singularity」に対する賛辞も続いた。

特に米ロサンゼルス・タイムズ紙は防弾少年団の公演全体をレビューし、Vのソロステージについて「息もできないほどの素晴らしい公演だった」と絶賛し、ニューヨーク・タイムズは「メすべてのメンバーがソロステージを披露し、『Singularity』でのVの感覚的なR&Bは絶頂だった」と評価した。
 

[写真=防弾少年団のTwitter(ポメラニアン「ヨンタニパパ」としても有名なV)]

<防弾少年団「V」の魅力解剖>
名前:V(本名:キム・テヒョン)
身長:178cm
体重:63Kg
血液型: AB型
足のサイズ:27.5츠
ニックネーム:テテ
ポジション:サブボーカル
生年月日:1995年12月30日生まれ 山羊座
趣味・特技:フィルムカメラであちこち回りながら写真を撮ること、絵画鑑賞(有名な画家や写真作家の作品を鑑賞することが大好き)
他に好きなことややりたいことは?:友たちとみんなでゲームをすると良い思い出になるかも、大切な人と思い出を作るために旅行に行きたい、映画鑑賞(怖い映画以外には全部観る)、家族と一緒にいるだけで幸せ、ヨンタニと遊ぶのが大好きなどなど
ペット:ヨンタニ(ポメラニアン)
 
top