防弾少年団、12日からワールドツアー「LOVE YOURSELF」再開!

양정미 기자

登録 : 2019-01-09 09:42 | 修正 : 2019-01-09 09:52

[写真=亜洲経済 ユ・デギル記者 dbeorlf123@ajunews.com]


昨年、年末の各種授賞式で大賞を総なめしたグループ防弾少年団(BTS)が、ワールドツアー「LOVE YOURSELF」を再開する。

先月末、台湾でのコンサート以来、国内の授賞式と各局の歌謡フェスティバルに集中した防弾少年団は、今月12日と13日の名古屋ドームを皮切りに4月まで予定された11回公演を行う。

防弾少年団は名古屋ドームに続き、19日シンガポール・ナショナルスタジアム、2月16~17日に福岡ヤフーオクドーム、3月20~21日と23~24日の香港アジアワールドエキスポアリーナ、4月6~7日にはタイ・バンコクのラジャマンガラ・スタジアムでツアーを展開していく予定だ。

昨年8月、ソウルから出発した「LOVE YOURSELF」ワールドツアーは、北米と欧州で32万人の観客を動員した後、日本のドームツアーへと続いた。

日本のドームツアーは昨年11月の東京ドームと京セラドーム大阪に続き、今年の1月と2月にわたって名古屋ドームと福岡のヤフオクドームまで日本4都市9回公演が38万席規模で開催される。

また、シンガポールでは5万5千人が収容できるシンガポール・ナショナルスタジアムで、香港では1万~1万5千人規模のアジアワールドエキスポアリーナで4回公演が予定されている。

特に、タイの公演は当初4月6日の1回公演だけが発表されたが、6万5千人規模のチケットが瞬時に売れてしまい、7日の公演が追加された。タイでは1998年バンコクアジア競技大会のために作られたラジャマンガラ・スタジアムのステージに立つ。

一方、今回の公演のチケットはすでに前回売り切れとなり、アジアでも北米と欧州を凌駕する防弾少年団の世界的人気を改めて証明した。
top