元KARA出身パク・ギュリ、日本映画デビュー・・・「Revive by TOKYO24」で主演に抜擢

양정미 기자

登録 : 2019-01-09 14:04 | 修正 : 2019-01-09 14:14

[写真=亜洲経済 ユ・デギル記者 dbeorlf123@]


元ガールズグループKARAのリーダーで女優としても活動中のパク・ギュリ(30)が、日本映画の主演として抜擢された。

パク・ギュリは「TOKYO24」のスピンオフ映画「Revive by TOKYO24」にキャスティングされ、日本映画で初めて主演として出演する。

「Revive by TOKYO24」は、2030年東京に初めてAI刑事が登場する特別犯罪捜査チーム「T24」の活躍を描く「TOKYO24」のスピンオフバージョンだ。パク・ギュリのほかには寺西優真と山本裕典が出演を決定し、来月クランクインして5月に公開される予定だ。

一方、KARAメンバーとして活動しながら韓国と日本で愛されたパク・ギュリは、女優として転向してドラマ「チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~」「恋の花が咲きました」、映画「 2つの恋愛」などに出演したが、日本映画への挑戦は今回が初めてだ。

 
top