多量の入居物量で傳貰価格下落....傳月貰転換率、2011年以来、「最低値」

이경 기자

登録 : 2019-01-11 17:47 | 修正 : 2019-01-11 17:47

[2018年11月、全国の住宅総合(左)とソウルのアパートの傳月貰転換率(%)の比較[資料=韓国鑑定院]]


最近、傳月貰市場が安定を見せ、全国の住宅傳月貰転換率が、2011年の統計作成以来、8年ぶりに最低値を見せた。

韓国鑑定院は昨年11月の届出基準の実際の取引価格情報を活用して傳月貰転換率を算定した結果、平均6.1%で、前月(6.2%)に比べ0.1%p下落した11日、明らかにした。

傳月貰転換率とは、傳貰金を月貰に切り替えるときに適用される比率である。この比率が高いと、傳貰金額比月貰の負担が大きいという意味であり、この比率が低い場合、その反対を意味する。

鑑定院が傳月貰転換率を集計し始めた2011年1月の住宅傳月貰転換率は9.6%だったが、それ以来、持続的に下落して6%の線まで降りてきた。

これは、最近の全国入居物量の増加に伴い傳貰市場が安定に入り、月貰も下落したためであると分析される。

地域別では、首都圏が5.7%で前月と同じであり、地方は7.2%で前月比0.1%p下落した。

市・道別にはソウルの傳月貰転換率が5.3%と最も低く、蔚山と慶南は7.1%を記録した。大田市と全羅南道は6.9%、7.5%で、前月比0.2%pずつ落ちた。

一方、慶尚北道は傳月貰転換率が8.9%で、全国で最も高かった。

住宅の種類別にはアパートの傳月貰転換率が4.7%で、前月と同じ水準を維持しており、連立・多世帯(5.7%)と一戸建て住宅(7.5%)は、昨年10月比でそれぞれ0.1%p下落した。
top