雇用寒波で公共機関採用博覧会に過去最多4万人参加

양정미 기자

登録 : 2019-01-11 17:48 | 修正 : 2019-01-11 17:48

[写真=聯合ニュース]


冷え込んだ雇用市場を反映したように政府が開催した公共機関採用博覧会に、歴代最多の就職準備生が集まった。

企画財政部は11日、今月9~10日にソウル良才洞(ヤンジェドン)aTセンターで開催された「2019年公共機関採用情報博覧会」に4万人あまりが参加したと明らかにした。

これは過去最多の参加者数を記録したことで、 企画財政部は行事を準備しながら予想していた2万人の2倍水準が訪れたと伝えた。特に、今年は131の公共機関が博覧会に参加し、これまで最も多い参加数を記録した。

企画財政部は人事担当者のトークショーやブラインド採用メントリング、地域人材の就業成功戦略など、新たに導入したプログラムが求職者たちに好評を得たと説明した。

一方、採用博覧会は青年の求職負担を減らし、公共部門の採用過程の公正性と透明性を高めるために2010年から毎年開かれている。

 
top