女優キム・ナムジュ、「アジア・テレビジョン・アワード」で最優秀主演女優賞

양정미 기자

登録 : 2019-01-14 13:06 | 修正 : 2019-01-14 13:18

[写真=The Queen AMC 提供]


女優キム・ナムジュがテレビのアカデミー賞である「アジア・テレビジョン・アワード(Asian Television Awards)」で最優秀主演女優賞を受賞した。

キム・ナムジュは12日午後(現地時間)、マレーシア・クチンのボルネオ・コンベンションセンターで開催された「アジア・テレビジョン・アワード」で、女優として最高の栄誉である最優秀主演女優賞の栄誉に輝いた。

今年で23回目をむかえた「アジア・テレビジョン・アワード」は、1996年から始まったアジア圏で最も権威あるテレビ授賞式だ。ドキュメンタリー、ドラマ、バラエティー番組など合計45部門で受賞がなされ、全世界22カ国、合計2億人を対象に生中継されるアジア圏のテレビ放送を総網羅する授賞式である。

韓国俳優が主演女優賞を受賞したのは、2005年「パリの恋人」のキム・ジョンウン以後、13年ぶりであり、2016年にはKBS 2TVドラマ「太陽の末裔」が最優秀ドラマ賞を受けたことがある。

JTBCドラマ「ミスティ~愛の真実~」で最優秀主演女優賞を受賞したキム・ナムジュは、「俳優として一生懸命に役割に没頭しただけなのに、このように大きな賞をくださって感謝する」とし、「デビューして20年を越えたが海外でこのように大きく認めてくださって、より一層貴重でうれしい」と、「皆さんが愛する韓国ドラマの現場は、そのどんな所より激しくて情熱が燃え上がる。そのようなエネルギーが良い結果を産んでくれたようだ。今後も韓国作品と俳優(女優)をたくさん愛してほしい」と所感を語った。

一方、JTBCはドラマ「ミスティ~愛の真実~」の最優秀主演女優賞の他にも、授賞式で大賞にあたる「ケーブル&衛星部門今年の最優秀チャンネル賞」を受賞するほか、バラエティ番組「知り合いの兄貴」で「最優秀コメディ番組賞」を、ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」で「最優秀ドラマ賞」を受賞し、4冠王に輝いた。
top