錦湖タイヤ、光州工場の敷地移転 本格的に推進

박수정 기자

登録 : 2019-01-15 16:46 | 修正 : 2019-01-15 16:46

[錦湖タイヤ、光州工場の敷地移転 本格的に推進]



錦湖(クムホ)タイヤと光州(クァンジュ)工場の敷地移転を本格推進する錦湖タイヤが光州工場を光州型雇用先導モデル「光グリーン産業団地」に移転する。 エコ設備、先端自動化プロセッサを適用すると同時に、効率性と収益性を同時に確保するという考えだ。

15日、関連業界によると、錦湖タイヤは16日午前11時、光州市庁で光州市、未来アセット大宇と光州工場の移転のための業務協約を締結する。

今回の協約は光州工場の移転作業の第一歩として、金融投資専門企業の未来アセット大宇が参加し、錦湖タイヤの光州工場敷地に対する調査と用途変更、活用計画案などの基礎作業のためのものである。

錦湖タイヤの今回の光州工場の移転はダブルスターの資本を誘致する過程で、労組と約束した国内設備投資のレベルだという分析だ。 光州工場の老朽化した設備に投資しないと、生産性を高め、経営正常化を達成するのが不可能という判断からだ。

このため、錦湖タイヤはこれに先立ち、未来アセット大宇とともに、光州工場敷地の効率的な活用 と地域社会の成長動力作りのための光州工場の敷地開発計画を検討したことがある。

錦湖タイヤの関係者は"新工場は生産規模と雇用拡大を通じて再び地域社会に利益を還元する好循環の役割を果たせるように推進する"と述べた。

光州市と光山区(クァンサング)は錦湖タイヤの光州工場の敷地を松亭(ソンジョン)駅の高速鉄道(KTX)投資先導地区の開発事業に含める計画だ。

光州市が韓国土地住宅公社(LH)と共同で推進する光州松亭駅一帯の地域経済拠点型のKTX投資先導地区開発事業は昨年9月、予備妥当性調査を通過した。

光州松亭駅近くの64万平方メートルの土地に計4100億ウォンを投資し、産業施設・研究用地・住居団地・商業用地などを造成する計画だ。

錦湖タイヤの関係者は"光州工場敷地の開発によるすべての収益は新工場に再投資する計画"と明らかにした。
top