ロッテケミカル、トルコ「Belenco」買収…建築資材の攻略強化

박수정 기자

登録 : 2019-01-17 16:30 | 修正 : 2019-01-17 16:30

[ロッテケミカル、トルコ「Belenco」買収…建築資材の攻略強化]



ロッテケミカルがトルコの高級建築資材会社を買収した。

ロッテケミカルの中核子会社であるロッテ先端素材はトルコのエンジニアドストーンのシェア1位のBelenco社の株式72.5%を買収すると17日、明かにした。 エンジニアドストーンは99%の高純度天然石英を主成分にした次世代の人造大理石だ。

ロッテ先端素材は今回の買収を通じ、米国など急成長している先進国の高級インテリア素材の市場進出に積極的に乗り出す計画だ。 また、先端素材とBelencoの生産基地のライン別生産専門化を通じ、多様な製品生産体系を備え、顧客ニーズにより積極的に対応していく方針だ。

Belenco社の最大のメリットは優れたアプローチだ。 エーゲ海近くのトルコ3大都市にあるイズミルから車で30分の距離にあるマニサOIZ工業団地(トルコ内の3番目の規模の工業団地)に位置している。

イズミル港や天然石鉱山に近接し、生産や物流の効率性が優れており、2つのライン・23万枚規模の生産設備を備えている。

ロッテ先端素材はBelenco社の買収後、追加設備投資などを通じて"グローバルトップ(TOP)5企業に進入するという計画だ。 現在、国内麗水(ヨス)工場に9万枚のエンジニアドストーン生産能力を保有している。

グループ系列会社の建設やホテルなどに最高級の室内外の建築材料を提供するなど系列会社同士のシナジーも図る。

これに先立って、ロッテグループは化学部門の持続成長の足場を設けるため、従来の汎用製品中心の事業ポートフォリオを高付加価値製品であるスペシャルティ製品中心に再編するという意志を明らかにしたことがある。

今回のBelenco社の買収はこのような成長戦略を実行に移した今年初の結果だ。 今後、ロッテ化学部門はスペシャルティ化学事業に対する国内外の投資をより積極的に進めていく計画だ。
top