KAI "民需市場の拡大に力を注ぎ、2030年までに航空産業20兆規模に育成"

박수정 기자

登録 : 2019-01-17 16:54 | 修正 : 2019-01-17 16:54

[KAI "民需市場の拡大に力を注ぎ、2030年までに航空産業20兆規模に育成"]



韓国航空宇宙産業(KAI)が民需事業や未来型無人移動体などの新規成長動力を確保し、2030年までに国家航空宇宙産業を年間20兆ウォン規模へと育成し、強小企業約1000社を育成するというビジョンを打ち出した。

KAIは17日、ソウル空軍会館で開かれたCEO主管記者懇談会で、大韓民国の航空宇宙産業の未来を牽引する事業計画を盛り込んだ航空宇宙産業発展戦略を発表した。

KAIのキム・ジョウォン社長は"航空宇宙産業の発展戦略が実現するためには政府と地方自治体、産業界の協力による新しい共存モデルの構築が切実だ"とし、"KAIは持続的に核心力量を確保し、競争力を強化して航空宇宙産業の成長を牽引する"と述べた。

昨年、KAIは専従組織を新設し、航空宇宙分野の新規協力会社110社を発掘し、強小企業の集中育成を通じて支援した。

KAIは今年、未来成長に向けて戦略受注品目を集中強化し、民需機体構造物分野でスーパーティア1に進入する一方、民航機市場の成長に合わせ、コリアブランドの民需完済機の開発を推進する計画だ。

グローバル航空宇宙産業は軍需市場の停滞が予想される反面、民需市場で世界の経済成長と貿易の活性化によって持続的な成長が予想される。

KAIは顧客会社との共同研究を通じて新たに開発される航空機の核心技術を共同開発し、今後、韓半島とアジアに適したコリアブランドの100席級以下の中型機を開発する案を具体化していく計画だ。

このほか、4次産業革命と連携し、世界市場の需要が急速に増加すると予想される無人機を多様化する一方、個人向けの無人移動体の開発を通じ、未来型の無人移動体市場を開拓する方針だ。

KAIは創立20周年を迎える今年を生存と持続可能な成長のための元年にし、経営システムの高度化、未来成長動力の拡大、持続的な核心力量の強化と根本的な体質改善で、成長と内実経営の土台を作る方針だ。

KAIの事業構造は設立初期、防産に依存してきたが、現在、軍需の割合は40%に過ぎず、完済機の輸出と民需機体構造物の比重は60%で、民需が均衡のとれた事業構造に発展してきた。
top