裁判所、証券先物委員会のサムスンバイオロジックス制裁「効力停止」

박수정 기자

登録 : 2019-01-23 15:17 | 修正 : 2019-01-23 15:17

[裁判所、証券先物委員会のサムスンバイオロジックス制裁「効力停止」]



金融委員会の証券先物委員会が故意の会計決算を理由にサムスンバイオロジックスに下した制裁効力が停止される。

ソウル行政裁判所・行政3部22日、サムスンバイオロジックスが証券先物委員会を相手に「行政処分の効力を停止してほしい」として出した請求を引用した。

裁判所は故意の会計決算に争いの余地がある状態で制裁が行われれば、会社に回復不可能な損害が生じかねない」とし、このように決定した。

今回の判決で証先委がサムスンバイオロジックスに下した制裁はサムスン側が提起した行政訴訟の結果が出るまで効力が中断される。

証先委は昨年12月、故意の会計検さんを理由にサムスンバイオロジックスに代表理事・担当役員の解任勧告と監査人の指定3年、是正要求(財務諸表の再作成)、課徴金80億ウォンの賦課などの処分を下した。 サムスンバイオロジックスは直ちにこれに不服する行政訴訟と執行停止申請を出した。
top