ハンファエアロスペース、米P&Wと2兆ウォン規模のエンジン部品の供給契約

박수정 기자

登録 : 2019-01-24 14:47 | 修正 : 2019-01-24 14:47

[ハンファエアロスペース、米P&Wと2兆ウォン規模のエンジン部品の供給契約]



ハンファエアロスペースが世界的な航空機エンジン製造会社である米P&W社から2兆ウォン規模の受注契約を成功させた。 P&Wはパートナー社の選定に保守的なところとして定評がある。 業界ではハンファエアロスペースが過去40年間蓄積してきた製造ノウハウと品質を認められたものと評価されている。

ハンファエアロスペースは23日、P&Wから17億ドル(約1兆9000億ウォン)規模の最先端航空機エンジン部品の供給権を獲得したと明らかにした。

今回受注したエンジン部品は最先端航空機エンジンであるGTFエンジンに入るHPTディスク2種だ。 来年から開発に着手し、2022年から量産を開始する予定だ。

ハンファエアロスペース側は"今回の供給権の獲得はこれまで低付加価値製品群の受注から脱し、付加価値の高い回転体部品の供給に本格的に乗り出すことになる「質的な変化」を意味する"と強調した。

ハンファエアロスペースがP&Wからこの5年間達成させた受注金額は今回の供給契約権を含めて約181億ドル(約20兆ウォン)を超える。 進入壁の高い航空機エンジン製造市場で、P&W社のグローバルパートナーとして確実に位置づけられたわけだ。
top