パク・シフ主演ドラマ「バベル」、27日に初放送・・・チャン・ヒジンと激情メロ

양정미 기자

登録 : 2019-01-25 17:52 | 修正 : 2019-01-25 17:52

[写真=フーファクトリー提供]


俳優パク・シフ(40)が出演するTV朝鮮の新週末ドラマ「バベル」が、1月27日午後10時50分、初放送される。

「バベル」(脚本 クォン・スンウォン、パク・サンウク、演出 ユン・ソンシク)は、復讐のために人生を捧げる検事と財閥との結婚のため人生を滅ぼした女優との愛、そして殺人と暗闘の中で明らかになる財閥家の貪欲な素顔と没落を描くミステリーロマンスドラマだ。

劇中パク・シフは、主人公の検事チャ・ウヒョク役を演じる。 24日、ソウル江南(カンナム)インペリアルパレスホテルで行われた「バベル」の制作発表会で彼は、「(前作の)ドラマが終わる前に台本を受け取り、見てみた。休息をとり、回復の時間を過ごしている中、台本を読んだら吸い込まれるような気がした」と語り、「作品に対する信頼があって、作品に臨むことを決めた」と伝えた。また、「冷徹なカリスマ性がある検事役なので、以前とは違う男らしい一面をお見せできると思う」とキャラクターについて説明し、期待を高めた。

一方、パク・シフの相手役は女優チャン・ヒジンがキャスティングされ、二人の共演にも関心が集まっている。
top