現代車のスーパーボウル広告、選好度調査書で自動車部門1位

박수정 기자

登録 : 2019-02-07 15:51 | 修正 : 2019-02-07 15:51

[現代車のスーパーボウル広告、選好度調査書で自動車部門1位]



米国ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)チャンピオン決定戦「スーパーボウル2019」で公開された現代自動車の広告がスーパーボウル広告選好度調査で、自動車ブランド1位、全体ブランド4位となった。

7日、イノーションワールドワイドによると、米総合日刊紙のUSAトゥデーは今月4日(韓国時間)、米ジョージア州のメルセデスベンツスタジアムで行われたスーパーボウル中継放送で電波に乗った計58つの広告に対する選好度調査の結果を発表した。

今回のスーパーボウルで4位に入った60秒の現代車の広告「エレベーター」編は試合の1クォーターに公開された。 現代車は米国市場に公開した画期的な自動車購買プログラム「購入者保証(Shopper Assurance)」制度を紹介した。

エレベーター編はNBC、シカゴトリビューン、フォーブスなど地元主要マスコミから最高のスーパーボウル広告に挙げられるなど高い評価を受けた。 広告が放送された後、現代車のホームページには購入者保証制度やパリセードの購入に関する問い合わせが殺到し、訪問者のトラフィックが300%以上急増したという。 今年1月29日に公開されたユーチューブの映像は現在、3400万ビューを上回るクリック件数を記録している。

イノーションの関係者は"スーパーボウルという大規模なスポーツイベントに長年参加した国内唯一の広告会社として、今年また、スーパーボウルの広告の選好度調査で、優秀な成績を収め、イノーションのグローバルクリエイティブ力量を証明する契機になった"とし、"これからも消費者たちが共感できるコンテンツとグローバルなスケールに見合った最先端の撮影手法を導入した完成度の高い広告を着実に披露する"と話した。
top