双竜車、新型コランドに「ディープコントロール」技術適用…安全性・運転利便性の向上

박수정 기자

登録 : 2019-02-08 15:27 | 修正 : 2019-02-08 15:27

[双竜車、新型コランドに「ディープコントロール」技術適用…安全性・運転利便性の向上]



双竜(サンヨン)自動車は今年3月に発売予定のコランドを通じ、最も進んだ車両制御技術「ディープコントロール(Deep Control)」を披露する。

8日、双龍車によると、ディープコントロールはカメラとレーダーを通じて車の周辺を完璧にスキャンし、危険状況で即刻かつ自律的に車両を制御することで、搭乗者の安全を事前に確保する先端車両制御技術だ。

自律走行技術は米国自動車工学会(SAE)の分類基準△運転手が持続的に前方を注視しなければならない部分的自律走行(Level 2)から △特定走行環境(高速道路の一部区間)で運転手が一時的に車両制御から自由になる制限的自律走行(Level 3)段階に発展する過程にある。

双龍車はディープコントロールが適用されたコランドを通じ、商用化最高水準のLevel 2.5自主走行を達成したと評価しており、その中心には同級最初に適用された知能型走行制御(IACC)があるという説明だ。

今回のモデルには下車時の事故を未然に防止できる搭乗客下車補助(EAF:Exit Assist Function)も同級初めて適用された。 車やバイクなどが接近する場合、車の後側方に装着されたセンサーがこれを認知し、乗客が車内に滞在するように警告する機能だ。

このほかにも多様な先端運転者補助技術(ADAS)を通じてコランドオーナーに最高レベルの安全性を提供すると双龍車は説明した。
top