第2回米朝首脳会談、今月27~28日にハノイで開催確定!

양정미 기자

登録 : 2019-02-09 12:11 | 修正 : 2019-02-09 12:14

[写真=聯合ニュース]


ドナルド・トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長との第2回米朝首脳会談の開催地が、ベトナム・ハノイに最終確定された。

トランプ大統領は8日(現地時間)、今月27、28日に予定される2回目の米朝首脳会談をベトナム北部の首都ハノイで開催すると自身のツイッターで発表した。

トランプ大統領は「米国側の代表が非常に生産的な出会いを終えて北朝鮮を離れた」とし、「金委員長との第2回首脳会談の時間と日程について合意した」と述べた。続いて「北朝鮮は金正恩の指導力の下、素晴らしい経済強国になるだろう(great Economic Powerhouse)」と明かし、「平和のために金正恩委員長と再会談することを楽しみにしている」と語った。

トランプ大統領は今月5日、国政演説で米朝首脳会談が27~28日にベトナムで開催されると明らかにしたが、具体的な都市は公開しなかった。米側は2017年にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開催されたベトナムのダナンを推していたが、北朝鮮が大使館を置くハノイでの開催を求め、米国側が北朝鮮側の主張を受け入れたとみられる。

一方、米国務省は8日、首脳会談を前に米国務部ビーガン対北朝鮮政策特別代表と北朝鮮の金革哲(キム・ヒョクチョル)国務委員会米国担当特別代表が再度、実務者協議に臨むと発表し、首脳会談の議事や合意項目など詳細に関し最終調整を行うことを予告した。

第2回米朝首脳会談の開催地が最終確定し、北米関係正常化と韓半島平和体制および非核化に関する包括的な合意を盛り込んだ第1回首脳会談の結果を進展させ、具体的かつ実質的な成果が得られる「ビッグディール」を実現させるかどうかが注目される。

 
top