2月に財政証券の発行額規模、6兆ウォン...働き口の予算執行に投入

이경 기자

登録 : 2019-02-11 00:03 | 修正 : 2019-02-11 00:03

[企画財政部[写真=企画財政部提供]]


今月中に発行される財務証券の規模が6兆ウォンに達する予定である。

政府が昨年2兆ウォン分を発行した財政証券を今月だけでも6兆ウォン分発行する。景気防御用に上半期に予算を多く使わなければならないので、今年は過剰税収がないと見られるからである。これは国の借金が今後大きく増える可能性が高いという意味だ。

企画財政部は、円滑な財政執行を支援するため、2月中に6兆ウォンの財政証券(63日物)を3回にかけて発行すると8日、明らかにした。

財政証券は国庫金の出納上一時的に不足する資金を充当するために金融市場に発行(63日物または28日物)する有価証券である。特に、韓国銀行の一時借入と短期借入手段として年内に返済しなければならない。

今回の財政証券は△通貨安定証券の入札機関(18)△國庫債専門ディーラー(17)△国庫金運用機関(3)を対象に、競争入札の方式で進められる。

財政証券の発行を通じて調達した財源は、今月中に働き口予算執行等による一時的な資金不足に投入される。

こうした中、今年の財政証券の発行と韓国銀行からの一時借入限度額は30兆ウォンで、3回の発行に伴う2月末の財政証券の発行累積額は6兆ウォンになる見通しだ。

企画財政部の関係者は、「歳入‧歳出のモニタリングなど徹底した資金現況管理を通じて、不必要な遊休資金と過不足が発生しないように徹底的に管理していく」とし、「不可避に発生する一時的な資金不足には財政証券の発行等の資金調達の規模と時期の最適化により、コストを最小化していく」と述べた。
top