リュ・ジュンヨル&ユ・ジテ&チョ・ウジン主演映画「金」、来月公開

양정미 기자

登録 : 2019-02-11 14:20 | 修正 : 2019-02-11 14:40

[写真=映画「お金」の出演俳優たち]


11日午前、ソウル江南区(カンナムク)鴨鴎亭洞(アックジョンドン)CGVで映画「金」の制作報告会が行われた。この日の制作報告会には、主演俳優リュ・ジュンヨル、ユ・ジテ、チョ・ウジンらが出席して席を輝かせた。

映画「金」は、金持ちになりたかった「新米株式ブローカー」のイルヒョン(リュ・ジュンヨル)が、ベールに包まれた作戦設計者の「番号表」(ユ・ジテ)に出会った後、途方もない巨額をかけた作戦に巻き込まれ繰り広げられるストーリーを描いた作品だ。

誰もが夢見るが、簡単に手に入れることができない、人生の目標になってしまった「金」を、頑張って働いて稼ぐのではなく、お金がお金を稼ぐのが常識になってしまった21世紀の韓国の状況を如実に見せて「金」をめぐる立体的な展開が期待される。

劇中リュ・ジュンヨルは、実績0ウォンの敗者であったが、巨額を手に入れた後、成功が与える華やかで甘い生活からその甘さの裏に耐えるべきものすごい代価まで、お金が見せる成功の味に捕われてしまったイルヒョンを演じ、人々の共感を引き出す予定だ。

俳優ユジテは、ベールに包まれた作戦設計者「番号表」役に変身し、鋭くて重い声で圧倒的な存在感をアピールする。また、チョ・ウジンは違法的な取引を監視して追跡する金融監督院の社員ハン・ジチョル役で登場し、緊張感溢れるトライアングルを完成する予定だ。

メガホンを取ったパク・ヌリ監督は、「『金』という言葉には人生の喜怒哀楽が盛り込まれている。『金』は、素材でもあり、テーマでもあり、主人公である」とし、「この映画は様々な人間の姿を描いている」と映画について語った。

一方、映画「金」は3月公開を控えている。
top