俳優アン・ジェウク、飲酒運転発覚で免許停止処分・・・「恥ずかしく、申し訳ない」

양정미 기자

登録 : 2019-02-11 14:38 | 修正 : 2019-02-11 14:38

[写真=亜洲経済]


俳優アン・ジェウク(47)が飲酒運転で免許停止処分を受けた。

アン・ジェウクの所属事務所JABLEエンターテインメント側は11日、「アン・ジェウクが9日の夜、地方でのスケジュールを終えた後、同僚と飲み会を開いて宿泊施設に戻った。十分な休息をとる必要があったが、10日午前にソウルに向かう途中、飲酒運転の取り締まりに摘発され、免許停止処分を受けることになった」と明らかにした。

アン・ジェウクは飲酒運転で摘発されたことに対し「ご心配をおかけし、申し訳ない気持ちを隠しようもない。絶対にしてはならないことで物議を醸し、大変恥ずかしい」と所属事務所を通じて謝罪した。

所属事務所は「今後定められたスケジュールにつきましては、一緒に仕事をする多くの方々に最大限の被害を及ぼさない方法を通じて、速やかに話し合いを持つ」と明かしたが、すでに出演予定作品にも影響が広がっている。

アン・ジェウクは3月にミュージカル「英雄」の10周年記念公演に出演する予定だった。「英雄」側は、「アン・ジェウクの飲酒運転報道を知り、事実かどうか確認している。状況を把握した後、立場を明らかにする」との立場を伝えた。

また、KBS 2TV「屋根部屋の問題児たち」側は、「昨日(10日)に予定されていた『屋根部屋の問題児たち』の収録はキャンセルされた」と伝えた。この日の収録には、MCソン・ウニとの親交によりアン・ジェウクが特別出演する予定だった。
 
top