ティーウェイ航空、シンガポールでボーイング737 MAX8のシミュレーター教育

박수정 기자

登録 : 2019-02-11 21:40 | 修正 : 2019-02-11 21:40

[ティーウェイ航空、シンガポールでボーイング737 MAX8のシミュレーター教育]



ティーウェイ航空がボーイング737 MAX8機種の導入を控え、体系的な事前準備を進めている。

ティーウェイ航空は先月29-31日の3日間、シンガポール現地のボーイング社の訓練センターを訪問し、ボーイング737 MAX8の模擬飛行訓練装置(SIM、シミュレータ)を通じた教育を行った。

この席にはティーウェイ航空で運航訓練を担当する代表教官など関係者10人余りが参加した。 訓練に参加した彼らは製作会社の教官たちと既存の機種と新機種の違いや地上学教育法に関する討論の後、模擬飛行訓練を行った。

訓練を履修した教官らは模擬飛行訓練の経験と技法を基に、新機種に対するより体系的な教授法研究を進め、ティーウェイ航空の運航乗務員に伝授する予定だ。

これに先立ち、ティーウェイ航空は1月24~25日、ソウル江西区(カンソグ)のティーウェイ航空本社でボーイングEIS(Entry-Into-Service)チームが主管する新機種導入準備のためのカンファレンスを行い、安全運航のための徹底した事前準備を進めている。

ティーウェイ航空は今年、計4台のボーイング737 MAX8を導入する。 ボーイング737 MAX8機種は従来のボーイング737-800機種と大きさは同一だが、航続距離(離陸から燃料を全部使うまでの飛行距離)が長く、シンガポールなどさらに遠い距離を飛行できる条件を備えた。
top