20日から携帯電話でカード利用情報を照会

이경 기자

登録 : 2019-02-19 15:05 | 修正 : 2019-02-19 15:05

[資料=金融監督院提供]


金融監督院と金融決済院は昨年末、すべてのクレジットカード使用内訳などを照会できる「私のカードが一目で」パソコンサービスを開始したのに続き、20日からは、携帯電話でも照会できるように、モバイルサービスを実施すると19日、明らかにした。

私のカード一目でモバイルサービスは、カード社別カード保有内訳、請求予定金額などの「カード利用情報」と残りのポイント、消滅予定ポイントなど「ポイント情報」を提供する。

サービス提供カード会社は、計15社。BCカード、KB国民カード、ロッテカード、サムスンカード、​​新韓カード、ウリカード、ハナカード、現代カードなど専業カード会社8社とIBK企業銀行、NH農協銀行、シティバンク、SC銀行、大邱銀行、釜山銀行、慶南銀行など兼営カード会社7社。

利用方法は、「私の口座を一目で」専用アプリ(アカウントインフォ)をインストールして、サービス利用登録の手続きを経てログインした後、本人が希望するサービスの情報を照会する。

アンドロイド、iPhoneのなどの主要アプリストアからダウンロード(検索:「私の口座を一目で」、「アカウントインフォ」、「私のカードが一目で」)可能であり、既存の利用者は、新バージョンの更新後に使用可能だ。

モバイルサービスを利用するためには、公認認証書または指紋認証で登録をしなければならない。金融決済院の「バイオ認証共同アプリ」が設置されており、モバイル機器に指紋が登録されてなければならない。

ログインの方法は、簡便番号、公認認証書、指紋認証の中で選択が可能であり、6桁の数字の簡単番号を登録した後は、別の認証手続きなしに簡単番号を入力するだけで利用することができる。

金融監督院と金融決済院は今年の下半期に私のカードが一目に参加するカード社を拡大する計画である。現在光州‧済州‧全北‧産業銀行、Kバンク、カカオバンクは参加していない状態だ。

また、第3四半期まで、現在銀行だけで実施している1年以上入出金などの取引のない残高50万円以下の口座の残高移転‧解止機能を貯蓄銀行‧相互金融組合‧セマウル金庫・郵便局にも拡大適用する予定である。

また、私の口座を一目でへの参加機関に証券会社を追加し、すべての金融機関に対する口座一括検索サービスを構築する方針である。
top