ネイバー、SKTローミングサービスにクラウド技術提供

양정미 기자

登録 : 2019-02-20 16:35 | 修正 : 2019-02-20 16:35

[写真=聯合ニュース]


ネイバー(NAVER)のクラウド専門子会社ネイバービジネスフラットフォーム(NBP)は20日、SKテレコムが新たに発売した海外ローミングサービス「バロ(baro)」にクラウド技術を提供すると明らかにした。

SKテレコムは、バロサービスにはアジアや米州、欧州など海外の主要拠点に分布しているNBPのグローバルリージョン(現地サーバー)とハイブリッドクラウド技術などが適用されたと説明した。

SKテレコムのチェ・ジョンホチーム長は「国内クラウド事業者のうち最も多いグローバルリジョンを保有し、安定的なデータ品質を提供したネイバークラウドプラットフォームを最終的に選んだ」と明かした。

またNBPのパク·キウン最高技術責任者(CTO)は「ネイバークラウドプラットフォームがグローバルサービスにも最適であることが今回の事例で確認された」とし、「今後も国内サービスが海外を舞台にビジネスを展開するとき、信頼できるプラットフォームになる」と述べた。
top