YG、引退宣言したV.Iと専属契約終了・・・「徹底した管理ができず反省」

양정미 기자

登録 : 2019-03-13 14:53 | 修正 : 2019-03-13 15:07

[写真=亜洲経済 ユ・デギル記者 dbeorlf123@ajunews.com]


YGエンターテインメントが性的接待疑惑などで芸能界引退を宣言したBIGBANGのV.I(28)と専属契約を終了した。

YGエンターテインメント13日、「V.Iからの要請を受け入れ、専属契約を終了することにした」とし、「アーチストマネジメント会社として、より徹底した管理ができなかった点を認め、深く反省している」と明かした。続いて「YGの大々的な体質改善の必要性を痛感し、このため会社の全職員と共に最善の努力を尽くしていくことを約束する」と伝えた。

V.Iは、江南のクラブBURNING SUN(バーニングサン)の実所有者疑惑と、海外投資家への性接待疑惑で警察に被疑者として立件され、今月11日に引退を発表した。

YGエンターテインメントは公式報道資料を通じて「最近、V.Iが関与したというクラブの暴行事件をはじめ、様々な疑惑と議論が引き続き大きくなっている中、ファンをはじめ多くの方々にご迷惑をおかけした点について、頭を下げて深くお詫び申し上げる」と謝罪した。
 
top