警察、盗撮騒動への関与について「Highlight」ヨン・ジュンヒョン捜査・・・グループ脱退へ

양정미 기자

登録 : 2019-03-14 14:29 | 修正 : 2019-03-14 14:41

[写真=亜洲経済 ユ・デギル記者 dbeorlf123@ajunews.com]


チョン・ジュニョンの盗撮およびカカオトークの会話などで疑惑が浮上したヨン・ジュンヒョン(29)が同事実を認め、クループHighlightから脱退する。

所属事務所Around USエンターテインメントは14日、公式報道資料を通じて「誤った公式立場で混乱を招いてしまい、申し訳ない」と伝え、「ヨン・ジュンヒョンは2015年末、チョン・ジュニョンとお酒を飲んだ翌日、1:1トークを通してお互いの安否を聞く過程で違法な動画を撮影した事実を知ることになった」とし、「その後1:1トークを通じて共有された違法な動画を見たことがあり、これに対し、不適切な会話があった」と明かした。続けて「同内容は13日、ヨン・ジュンヒョンの参考人調査を通じて再び確認することができた」と述べた。

所属事務所は「ヨン・ジュンヒョンは本件の深刻さに気づき、13日に参考人調査に誠実に臨み、過去の本人の言動で多くの方に失望を与えたこと、そして本人の過去の行動はモラルハザードが深刻だったことに気付き、深く反省している」と伝えた。また「責任を痛感し、彼によるグループのイメージダウンおよび2次被害を防ぐため、会社と合意し、2019年3月14日をもってグループHighlightから脱退することになった」と発表した。さらに「今回の事件にヨン・ジュンヒョンが関わっていたにもかかわらず、それに対し正確な事実確認ができず、早まった判断で公式立場を発表して混乱を招いた点に対し、改めてお詫び申し上げる」と付け加えた。

一方、ヨン・ジュンヒョンは14日午前、自身のSNSを通じて「私によって大変な時間を過ごしたメンバーらとすべてのファンの皆さんに、心よりお詫び申し上げます」と始まる謝罪文を掲載した。
top