行安部、江原道の山火事「国家災害事態」を宣言

양정미 기자

登録 : 2019-04-05 10:49 | 修正 : 2019-04-05 11:15

[写真=聯合ニュース(4日午後7時17分、江原道高城郡で大規模な山火事が発生した)]


5日午前、行政安全部が江原道で発生した山火事に対して「国家災難(災害)事態」を宣言した。

4日午後、江原道高城郡で大規模な山火事が発生した。李洛淵(イ・ナクヨン)首相は5日午前、政府ソウル庁舎で関係閣僚と会議を開き、火災への対応などについて協議し、現場の状況を直接把握する予定だ。

[写真=聯合ニュース(火事が発生した地域にヘリコプター45機と消防車77台、約1万3000人が消火活動に投入された)]


消防庁は4日9時45分ごろ、対応レベルを最も高い3段階に引き上げ、火事が発生した地域にヘリコプター45機と消防車77台、約1万3000人を消火活動に投入した。

行政安全部の関係者は「被害規模を把握した上で、『特別災難地域』に指定するかどうかも決める」と述べた。
 

[写真=聯合ニュース(被害を受けた地域止めてあった車が山火事で全焼してしまった)]

消防庁によりと、この火事で少なくとも1人が死亡し、11人がけがをしたという。また、一部の自治体は避難命令を出し、3000人以上が近くの学校などに退避した。
 

[写真=聯合ニュース(江原道高城郡で起こった山火事で燃えってしまった住宅)]


top