麻薬投薬疑惑で拘束されたJYJユチョンの元恋人ファン・ハナ氏・・・「芸能人の友人A氏が麻薬投薬を勧めた」と自白

양정미 기자

登録 : 2019-04-07 15:50 | 修正 : 2019-04-07 16:17

[写真=MBC「ニュースデスク」放送]


麻薬投薬疑惑で拘束された南陽(ナムヤン)乳業の孫娘ファン・ハナ氏が、芸能人の友人A氏が麻薬投薬を勧めたと自白し、さらなる論議を予告した。

彼女は、4日の午後に逮捕された後、京畿(キョンギ)南部(ナンブ)地方警察庁へ押送された。2度の警察の召喚に応じず音信不通だったファン・ハナ氏は、盆唐(プンダン)ソウル大学病院に入院中に逮捕され、警察の取り調べを受けた。警察の取り調べで彼女は、容疑を一部認めた。しかし、麻薬を流通させたという容疑については否定した。

水原(スウォン)地裁は6日、ファン・ハナ氏に対する拘束前被疑者尋問(令状実質審査)を開いて拘束するかどうかを検討して拘束令状を発付した。裁判部は「逃走の恐れがあり、拘束する必要性がある」と説明した。

ファン・ハナ氏は、2015年の5月と6月、9月にヒロポンを、昨年4月に向精神性医薬品であるクロナゼパム(Clonazepam)の成分が含まれた薬品2つを不法に服用した疑いを受けている。

SBS「8ニュース」は6日、ファン・ハナ氏は「2015年に初めてヒロポンを投薬し、中断した後、2018年に芸能人の知人A氏の勧めで再び投薬することになった」と供述したと報道した。

警察は、ファン・ハナ氏が麻薬を投薬しているという情報を入手し、昨年10月から捜査を行ったが、家宅捜索令状が検察の段階で2回棄却され、調査がきちんと行われないなど、捜査に困難があった。

そのため、ファン・ハナ氏に対する手抜き捜査疑惑も浮上している。MBC「ニュースデスク」は2日、ファン氏が4年前にも麻薬を使用している疑惑があったが、何の処罰も受けずに済んだと報じた。実際彼女は、2015年11月、麻薬類管理法違反の疑いで拘束された大学生A氏と共に立件された以後、2016年1月8日、ソウル中央地方裁判所でA氏がヒロポンを数回投薬し、買収・売渡した疑いで、懲役2年6ヶ月、執行猶予3年を言い渡されたが、共に立件されたファン・ハナ氏は捜査もまともに受けなかったことが明らかになった。

ファン・ハナ氏が拘束され、警察の捜査にも弾みがつくとみられる中、彼女が芸能人の友人のA氏に対する暴露をし、果たしてA氏は誰なのか、ファン・ハナ氏は今回は妥当な処罰を受けるのかに注目が集まっている。
 

[写真=聯合ニュース(6日午後、麻薬投薬の容疑を持たれているファン・ハナ氏が、拘束前被疑者尋問(令状実質審査)を受けるために水原南部警察署を出ている)]


一方、ファン・ハナ氏はJYJユチョンの元恋人としても有名で、2017年に婚約を発表したが、その後破局した。
top