鄭義宣副会長、起亜車のインド新工場訪問…「早期移動のため現場点検」

박수정 기자

登録 : 2019-04-10 11:48 | 修正 : 2019-04-10 11:48

[鄭義宣副会長、起亜車のインド新工場訪問…「早期移動のため現場点検」]



鄭義宣(チョン・ウィソン)現代(ヒョンデ)自動車グループ首席副会長が9日(現地時間)、インド攻略の戦略的拠点であるアーンドラ・プラデーシュ州のアナンタプル起亜車新工場を訪れ、職員たちを激励して早期稼動に向けた最終点検をした。

2017年10月に着工に入ったアナンタプル新工場は当初予定された稼動時点の9月より2ヵ月ぐらい早い7月末から本格生産に入るという。 鄭副会長は最近、保護貿易主義の拡大と中国市場での逆成長などで悪化した実績を反転させるための突破口としてインドを挙げている。

9日、関連業界によると、同日、鄭副会長は同日午後2時(現地時間)、アナンタプル新工場を直接訪れ、職員たちを激励して重役たちと早期稼動に向けた最終点検を行ったという。

起亜車はアナンタプル工場の設備工事を最近完了し、今月末、プレス金型を配置すれば、生産準備が完了する。 現在は試験稼動しており、6月までに最終点検を終える方針だ。 生産は7月31日から突入する。

起亜自動車の関係者は"アナンタプル工場は現在、最終生産のための仕上げ準備作業に入った"とし、"鄭副会長は新工場建設のために現地に派遣された職員たちを激励し、主要施設をチェックした"と述べた。

起亜車は年間30万台の生産能力を備えたアナンタプル工場の稼動を繰り上げ、急速に増えている現地の自動車需要に積極的に対応するという計画だ。 インドは人口が13億で、中国に続き、世界2位だが、自動車普及率は1000人当たり35台に過ぎず、潜在需要が非常に大きい状況だ。

実際、インドの自動車市場は2015年276万台、2016年295万台、2017年320万台、2018年340万台に急速な成長を見せている。 鄭副会長がインドに格別な関心を示す理由でもある。

起亜車は工場の完工時点まで200つレベルのディーラーネットワークとサービスセンターの構築も完了し、成功的な市場参入の基盤づくりをする一方、徹底した現地化戦略を掲げ、マーケティングと生産に乗り出す方針だ。

市場の早期定着に向けた初のモデルは小型スポーツユーティリティ(SUV)モデルの「SP2」が投入される。 以後、6ヵ月ごとに新車を披露し、2022年まで10~15%の市場シェアを確保、インド内の5大自動車メーカーとしての地位を確立するという目標だ。
top