韓国GM、4月の国内市場で6433台の販売…前年比19.6%増加

박수정 기자

登録 : 2019-05-03 19:01 | 修正 : 2019-05-03 19:01

[韓国GM、4月の国内市場で6433台の販売…前年比19.6%増加]


韓国GMは4月の一ヵ月間、内需市場で計6433台を販売したと2日、明らかにした。 3月に続き、2ヵ月連続で販売増加傾向だ。 韓国GMの4月の内需販売は前年同月比19.6%増加したのだ。 スパーク、マリブ、トラックス、ボルトEVなどシボレーの主力製品ラインナップが一様に善戦し、内需業績をけん引した。

韓国GMの4月の輸出は3万2809台(CKDを除く)だ。 これで韓国GMは4月の一ヵ月間、前年比1.7%増加した計3万9242台を販売した。

内需市場の場合、シボレー・スパークとマリブがそれぞれ2838台、1151台が販売され、前年同月比28.5%、99.8%の増加を記録した。 シボレー・トラックスは計1057台が販売され、前年同月比120.7%の高い伸び率を記録した。

ボルトEVは計452台が販売された。 ボルトEVは展示場をソウル、首都圏をはじめ、大邱、済州、大田、光州、慶尚北道など全国150の代理店に拡大する一方、今年上半期までの電気自動車専門整備技術力と装備を備えた専用サービスセンターを全国100つ余りに2倍近く増やす計画だ。
top