イ・ミンホ&キム・ゴウン、キム・ウンスク作家の次期作「ザ・キング:永遠の君主」で共演

양정미 기자

登録 : 2019-05-21 01:01 | 修正 : 2019-05-21 01:01

[写真=亜洲経済]


俳優イ・ミンホと女優キム・ゴウンが、キム・ウンスク作家の次期作「ザ・キング:永遠の君主」の出演を確定した。

20日、制作会社ファ&ダムピクチャーズは、「イ・ミンホに続き、キム・ゴウンが『ザ・キング:永遠の君主』の主人公に確定された」と明かした。

「ザ・キング:永遠の君主」は、ドラマではあまり取り扱われなかった平行世界(パラレルワールド)を背景とするファンタジーロマンスドラマだ。悪魔のささやきに立ち向かって次元の扉を閉めようとする理系型の大韓帝国の皇帝イ・ゴン(イ・ミンホ扮)と誰かの人生、人、愛を守ろうとする文系型の刑事チョン・テウル(キム・ゴウン扮)が両世界を行き来しながら共助する物語を描く。

特に「ザ・キング:永遠の君主」は「パリの恋人」「プラハの恋人」「オンエア」「シークレット・ガーデン」「紳士の品格」「相続者たち」などを通じて興行不敗の歴史を書いてきたキム・ウンスク作家の次期作ということだけでも熱い関心を浴びている。

さらに最近除隊したイ・ミンホが復帰作として「ザ・キング:永遠の君主」を選んだだけに、ファンの期待が高まっている。彼は2013年、キム・ウンスク作家が書いたSBSドラマ「相続者たち」に出演しており、今回は6年ぶりの再会となる。

また女優キム・ゴウンも2016年tvN「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」に次いでキム・ウンスク作家と手を組む。彼女は「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」で「百想(ペクサン)芸術大賞」テレビ部門で女性新人演技賞を受賞し、「ザ・キング:永遠の君主」で見せる演技変身に注目が’集まる。

一方、「ザ・キング:永遠の君主」は完成度を高めるために今年の下半期に撮影を始め、2020年上半期に韓国で初放送される予定だ。
top