SKハイニックス、大企業の中で「経営評価1位」

박수정 기자

登録 : 2019-05-22 15:50 | 修正 : 2019-05-22 15:50

[SKハイニックス、大企業の中で「経営評価1位」]



SKハイニックスが国内500大企業を対象にした総合経営評価で、「最優秀企業」に選定された。

22日、企業経営成果評価サイト「CEOスコア」が売上の上位500大企業を対象に各種の経営データを評価した結果、SKハイニックスが総合1位に上がった。

評価項目はグローバル競争力、投資、雇用創出、高速成長、健実経営、透明経営、両性平等、社会貢献の8部門だ。

SKハイニックスは800点満点に713.3点を記録した。 投資と堅実経営部門でそれぞれ1位に上がり、グローバル競争力と高速成長部門でも3位圏内に安着した。

2位はNAVER(694.7点)、3位はサムスン電子(669.2点)がそれぞれ占めた。

NAVERは両性平等と社会貢献部門で1位に上がった。 サムスン電子は高速成長やグローバル競争力で、ライバル会社と大差で1位を守った。

昨年、総合2位に上がった現代車は35位まで落ちたことが分かった。

売上10兆ウォン未満の企業の中にはホテル新羅と済州航空、メリッツ証券が「優秀企業」に名を連ねた。
top