元KARAのハラ、自宅で意識不明状態で発見・・・「命に別状はない」

양정미 기자

登録 : 2019-05-26 17:34 | 修正 : 2019-05-26 18:00

[写真=ク・ハラのインスタグラム]


ガールズグループKARA出身のク・ハラ(28)が自宅で意識不明で発見されたが、救助されたことが分かった。

ソウル江南(カンナム)警察署は26日、本日午前0時40分頃、マネージャーの通報によってソウル清潭洞(チョンダムドン)にあるハラの自宅に出動したと明らかにした。

警察によると、ハラの自宅の中には煙を吸った痕跡が発見され、近所の病院に運ばれて治療を受けているという。現在ハラは呼吸と脈拍は正常であり、命に別状はない状態だ。

彼女のマネージャーは、自宅に一人でいたハラに数回連絡を取ったが電話に出なかったため自宅を訪ねたところ、倒れて意識不明であった彼女を発見して警察に通報したと伝えた。

先立ってハラは25日、自身のインスタグラムに「さようなら」と書かれた写真を掲載し、ファンから心配の声が殺到していた。現在この投稿は削除されたが、極端な選択をしたとみられる意味深な投稿でハラの回復を願う声が寄せられている。

一方、最近うつ病を患っていたというハラは昨年9月、元交際相手との間に暴行疑惑事件が起き大きな話題となった。
top