コスピ、外国人の「売り」に2040台へ後退

양정미 기자

登録 : 2019-05-27 16:17 | 修正 : 2019-05-27 16:17

[写真=亜洲経済DB]


コスピが27日、外国人の売りに押されて2040台へ後退した。3日連続の下落だ。

この日のコスピは前取引日より1.10ポイント(0.05%)下落した2044.21で取引を終えた。

指数は前日より1.06ポイント(0.05%)下げた2044.25で出発して騰落を繰り返したが下落で終えた。

コスピ市場では外国人が1946億ウォンを売りさばいた。反面、機関と個人はそれぞれ1709億ウォン、248億ウォンを買い入れて指数の下落を防御した。

時価総額上位の銘柄のうち、サムスン電子(-0.12%)、SKハイニックス(-1.04%)、セルトリオン(-3.87%)などは下落した。一方、現代自動車(3.45%)、LG化学(0.15%)、現代モービス(2.34%)、SKテレコム(1.38%)などは上昇した。サムスン電子ウと新韓持株は横ばいを示した。

コスダック指数は前取引日より0.36ポイント(0.05%)下げた689.67で取引を終えた。

指数は2.03ポイント(0.29%)上がった692.06で出発して690線を中心に動いている下落転換した。

コスダック市場では外国人が495億ウォンを買い越した。反面、個人は549億ウォン、機関は31億ウォンを売り越した。

時価総額上位のうちセルトリオンヘルスケア(-4.08%)、シルラジェン(-1.79%)、メディトクス(-0.75%)などは下落し、CJ ENM(1.44%)、ポスコケミカル(0.56%)、エイチエルビー(1.56%)などは上昇した。ヘリックスミスは横ばいだった。

ソウル外国為替市場でウォン・ドル為替レートは、前取引日の終値より3.9ウォン下落した1ドル当たり 1184.5ウォンで取引を終えた。
 
top