現代車、初の「2階建て電気バス」公開…最大70人まで搭乗可能

박수정 기자

登録 : 2019-05-29 18:19 | 修正 : 2019-05-29 18:19

[現代車、初の「2階建て電気バス」公開…最大70人まで搭乗可能]



現代自動車が自社初の「2階建て電気バス」を公開した。

現代車はこの車を29日から31日までの3日間、一山KINTEXで開かれる「国土交通技術大戦」で披露する。

国土交通省が試演する韓国型の大容量2階建て電気バスの課題を2017年12月から実行して開発した車である。

全長1万2990mm、全高3995mm、全幅2490mmで、運転者を除いて計70人(1階11席、2階59席)の乗客が乗ることができる。384kWhの高用量・高効率の水冷式リチウムポリマーバッテリーを装着し、完全充電の際、約300kmの走行が可能である。フル充電にかかる時間は約72分である。

△運転者が意図した運転方向を把握して車両の制御を維持するのに役立つ「車体姿勢制御(VDC)」 △前方に衝突の危険が発生した場合、運転者に通知し、必要に応じて車両を自動的に減速および停止させる「前方衝突防止補助(FCA)」 △車両が車路を離脱しようとする場合、これを運転者に知らせる「車路離脱警告(LDW)」なども搭載して安全性も強化した。
top