[独自] 現代商船、最大2兆ウォンの物的支援を受ける
海洋振興公社の子会社設立後、コンテナボックスのリース
海運競争力の向上を図る腹案

양정미 기자

登録 : 2019-05-30 12:10 | 修正 : 2020-01-10 19:47

[写真=現代商船]


現代商船が政府から最大2兆ウォンの物的(コンテナボックス)支援を受ける。外国企業が支払った使用料をなくし、グローバル海運競争力の強化に注力するという戦略だ。

29日、関連業界によると、現代商船は現在、韓国海洋振興公社と装備支援と関連して支援方法・金額などを最終的に協議中であることが分かった。

協議案には海洋振興公社が子会社を設立した後、特殊目的法人(SPC)を通じてコンテナボックスなどを直接発注する内容などが含まれている。SPCは 海洋振興公社が60%、産業銀行と輸出入銀行が40%の持分を保有する見通しだ。

今回の物的支援は、政府がコンテナボックスを直接所有し、これを現代商船に賃借(リース)する方式だ。これは現代商船の船腹量(積載量)が100万TEU(TEUは20フィートのコンテナ1個)まで増えることによる先制的な措置だ。

先立って現代商船は、政府の海運再建5カ年計画に基づいて3兆ウォン台の船舶新造費用の支援を受け、超大型コンテナ船を発注している。来年から2万3000TEU級12隻、1万5000TEU級8隻など計20隻を順次的に引き渡される。

追加のコンテナボックスが必要だが、現代商船は自家比重が非常に低い。

実際、現代商船所有のコンテナボックスは17万TEUで、全体保有量80万6000TEU比21%に過ぎない。残りはすべてトライトン(Triton)、ビーコン(Beacon)、フローレンス(Florens)、テックステナ(Textainer)、シーコ(Seaco)など、外国のリース会社とリース契約を締結して借りたものだ。

政府の立場としては、有形資産であるコンテナボックスを支援して国富の流出を防ぎ、貨物の適時性を高めて海運の競争力を強化することができる。

海洋振興公社は、現代商船が最低コンテナボックスを80万TEU以上増やしてこそ自生力を備えるものと判断している。1TEU当たりの価格が約2300ドルであることを勘案すれば、総1兆8400億ウォンを支援することになる。

海洋振興公社の関係者は「装備子会社を作って賃借することを検討しているのは確かだが、具体的な金額と数値はまだ確定していない」とし、「協議案はほぼ最終段階であり、早期に発表できるようにする」と述べた。

現代商船の関係者も「正確な内容を確認することができない状況だ」とし、「ただ、政府の海運再建政策に合わせて競争力を高めることに専念する」と強調した。
 
top