「年初」に戻ったコスピ、6月の展望も「さあ、どうかな」

양정미 기자

登録 : 2019-05-31 10:28 | 修正 : 2019-05-31 10:28

[写真=gettyimagesbank]


株式市場の見通しが明るくない。年初水準に落ちたコスピは、6月に入っても下げ幅を 挽回するのは難しそうだ。長期化する米中貿易紛争と韓国の株式比重を減らすモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)新興国の数は着実に悪材料として作用する可能性がある。

◆ 株価指数5カ月で原点に

30日、韓国取引所によると、コスピは今年に入ってこの日まで2041.04から2038.80に0.11%下落した。結局、指数が5ヶ月間足踏み状態だったことになった。指数は5月に入って7%以上下落した。

外国人が下げ幅を育てた。4月に外国人は2兆3920億ウォンを買ったが、今月に入ってからコスピで2兆6918億ウォンを売った。

証券業界ではMSCI新興国指数調整が影響を及ぼしたとみている。中国を含む一部の新興国の比重を増やした反面、韓国は減らしたということだ。

これに、米中貿易紛争もなかなか混乱している。米国はファーウェイに再び中国はレアアースでお互いを威嚇している。

証券街でもこのような状況を反映して株価指数の見通しを保守的に出す。6月のコスピ予想範囲は、2000〜2200ポイントだ。予想値の上段が1ヶ月前より100ポイントほど低くなった。漢陽証券と韓国投資証券で、大信証券は2000〜2150台を提示している。教保証券は2000〜2200台と見通した。

慎ましいが6月末に日本で開かれるG20首脳会談が米中貿易紛争の雰囲気を変えるだろうという見通しもある。

漢陽証券のキム・ジヒョン研究員は「米中がお互い報復カードを出している」とし、「しかし、報復カードは結果的に交渉誘引策に変わる可能性がある」と述べた。彼は「貿易紛争が破局を避ける場合、制限的な範囲では安堵のラリーが現れるだろう」と付け加えた。

6月19日のとれた米連邦公開市場委員会(FOMC)金融政策会議も注目なければならない。パク・ソヨン韓国投資証券研究員は、「今回のFOMCの会合では、貿易紛争の長期化により、基準金利の引き下げについての悩みが大きくなるだろう」と伝えた。

◆ 2000ラインの内外で支持線形成を期待

コスピがこれより下落しても2000ポイント前後では支持線を形成するものとみられる。大型の悪材料が株価指数のかなり反映されたということだ。

大信証券のイ・ギョンミン研究員は 「ドナルド・トランプ米大統領も支持率の下落を意識するしかない」とし、「中国に対する圧迫の水位を落とす公算が大きい」と述べた。彼は「6月に予想された韓米首脳会談は、北朝鮮の核問題の解決への期待感を取り戻すことができる」とし、「MSCI新興国指数調整による影響も沈静化するだろう」と付け加えた。

もちろん注目すべき悲観論も依然として多い。

教保証券のキム・ヒョンリョル研究員は「貿易紛争が劇的に解決できるのは難しい」とし、「2018年11月、アルゼンチンで開かれたG20首脳会談でも、かえって逆風が大きくなった」と伝えた。彼は「今回のG20会談を米国側の友好国である日本で開くという点も、中国が屈辱的な合意に近寄ることができないようにする要因だ」と付け加えた。
 
top