「5月の怪物」柳賢振、 生涯初のメジャーリーグ「今月の投手」栄誉(総合)

양정미 기자

登録 : 2019-06-04 17:41 | 修正 : 2019-06-04 17:41

[写真=AP・聯合ニュース(「コリアンモンスター」と呼ばれる柳賢振選手)]


驚異的な5月送った「コリアンモンスター」の柳賢振 (リュ・ヒョンジン、ロサンゼルス・ドジャース)が、米メジャーリーグのナショナルリーグ(NL)の「今月の投手」に選ばれた。韓国人投手としては朴賛浩(パク・チャンホ)に続き、2度目の受賞だ。

4日(韓国時間)、メジャーリーグ事務局は5月の1ヵ月間、両大リーグ最高の成績を出した投手と打者を選定して「今月の投手」と「今月の選手」を発表した。NL投手の中で0順位候補だった柳賢振は、予想通り「今月の投手」に選ばれる栄誉を享受した。

NL「今月の選手」には、姜正浩(カン・ジョンホ)選手チームの同僚ジョシュ・ベル(ピッツバーグ・パイレーツ)が選ばれた。アメリカンリーグ(AL)では、「今月の選手」にラファエル・デバース(ボストン・レッドソックス)、「今月の投手」にルーカス・ジオリト(シカゴ・ホワイトソックス)が選ばれた。

柳賢振の5月の成績は米国全域が驚くほどすばらしかった。ここ1カ月間、6試合に先発登板して5勝無敗、防御率0.59を記録する見事な成績を出した。また、最多勝、月刊投球イニング(45と3分の2イニング)、防御率部門ですべて1位を記録した。特に奪三振36個で死球なしに4ボールは3つだけ許し、被安打率0.177にホームランは一つも許可さなかった。メジャーリーグ事務局は、「柳賢振は2010年のウバルド・ヒメネス以降9年ぶりに先発登板した11試合連続2失点以下に投げた投手」と紹介を加えた。

ドジャース球団に絞ると、歴代級の成績だ。柳賢振は月間5勝以上、奪三振35個以上、防御率0.60以下で投げたドジャースの4番目の投手として記録された。さらに柳賢振の前に3つの項目を満たした投手は38年間いなかった。最も最近がフェルナンド・バレンズエラ(1981年4月)であり、51年前にはドン・ドライスデール(1968年5月)、ナップ・ラッカー(1908年6月・1910年9月)は、なんと109年前の記録だ。

柳賢振は「コリアン特急」朴賛浩がドジャース時代の1998年7月に「今月の投手」に選定された後、21年ぶりに2番目にこの賞を受賞した。朴賛浩は当時、6試合に登板して4勝、防御率1.05を記録したが、これより柳賢振がもっと優れた成績を残した。打者としては秋信守(チュ・シンス)が2008年9月(クリーブランド・インディアンス)と2015年9月(テキサス・レンジャーズ)で2回も「今月の選手」に選ばれた。また、柳賢振は歴代のアジア投手としては朴賛浩、伊良部秀樹、野茂英雄、田中将大に続き5番目にこの賞を受賞し、2014年5月の田中以降5年ぶりの受賞だ。

柳賢振は「今月の投手」の受賞直後、自分のソーシャルメディア(SNS)を通じて関連写真を掲載し、「皆さんのご声援に感謝する」という短い書き込みを残して感謝のメッセージを伝えた。柳賢振は5日、米アリゾナ州フェニックスのチェイス・フィールドでアリゾナ・ダイヤモンドバックスとの遠征試合に先発登板し、新しい6月の始まりを知らせる。シーズン9勝への挑戦だ。
 
top